スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナディアンは健康志向?

日本の食品のパッケージには、もちろん栄養成分が表示されていると思いますが、カナダではかなり細かく表示されています。

身体に悪いと言われているトランス脂肪酸の含有量(率)はもちろん、塩分、当分、コレステロールなど、健康に気をつけたい人に必要な情報は全て記載されています。

また、北米の食事やスナックは、こってりと甘く健康に悪いものが多いというイメージがあると思いますが、カナダの食品は意外に日本よりも健康的なものが多いのです。

オーガニック食品が手頃な価格で手に入る、食パンは全粒粉が一般、グルテンフリーが多い、子供のお菓子もお砂糖を使っていないものや、カラフルなものも着色料ではなく本物のフルーツを使っているものが多い、など、毎日の生活の中で、自然に健康を保てます。

栄養成分表の一例
nutorition-fact_1.jpg

上の栄養成分表は、写真のクラッカーのものです。
nutorition-fact.jpg
無漂白の小麦粉、ハーブ、レーズンやナッツが入っていてとても健康的。Brie(チーズ)とよく合います。

子供はおやつにキューリやパプリカをかじっていたり、クッキーの代わりにグラノラバーを食べていたり、小さな頃から歯や脳の成長に影響のあるお砂糖を控えています。

私も、常に成分表を確認して、身体に優しい食品を選ぶように気をつけています。


カナダ現地留学エージェント-語学☆資格取得☆インターンシップ☆親子留学☆高校留学
Be Plus!! Study in Canada

いつも応援ありがとうございます!
blog_olympic.gif

↓こちらもよろしくお願いします!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。