FC2ブログ

H.S.T.って何?

7月1日から、新しいタックスシステムH.S.T(Harmonized Sales Tax)が導入される予定です。現在バンクーバーやビクトリアが位置するBC州は、5%GST(消費税)と7%PST(州税)があり、GSTのみが加算される物も多くありますが、このH.S.T.が始まると、ほとんどの物に12%のタックスがかかってくるというものです。

現在5%GSTのみ加算される物で、H.S.T.12%が加算されるようになるものは。。。
Accounting
Architecture
Household renovations
Home care
Massage therapy
Dry cleaning
Repair services for appliances
Haircuts
Food
Heating bills
Movie and theatre tickets
Housing
Funerals
Vitamins
Bicycles
Magazine and newspapers
Safety equipment
Airplane tickets
and more…


と、こ~んなにたくさんあります。(Say No to HST in BCから引用) 留学生や一時滞在者に影響が大きいのは、アパートレント、光熱費、スナック、レストランでの食事、コーヒー(カナディアンはコーヒー好きなので、かなり痛いと思います)、雑誌や新聞、映画、クリーニング、美容院などでしょうか。

Ouch!!

住民には面白くないタックス制度ですが、面白いところは、H.S.T.導入に対して反対運動が起こっていることです。日本では、納得できない政策が決められても、”仕方ない。”で終わるか、反対運動をする人がいても、全国的に広まらないところですが、次の選挙まで待つことはないカナダです。ニュースで聞いたので、早速ネットで検察してみると、すぐにウェブサイトがヒットしました。BC州の各都市にリーダーがいて、かなりの人がすでに署名をしているようです。

数年前に、旅行者のタックスリターン制が廃止された時も署名運動があり、私も署名をしましたが結局廃止になってしまいました。タックスリターン制廃止は、カナダの国全体でしたが、H.S.T.BC州内。何とか白紙にもどせると良いですが。

H.S.T.導入を決めたのはBC州知事Gordon Campbell氏。バンクーバーオリンピック・パラリンピックで赤いミトンをつけて楽しそうに観戦していたキャンベル氏はとてもかわいらしかったのですが。。。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。
say no to hst in bc

人気ブログランキングに参加中です!
↓クリック応援お願いします。
blog_tulip.gif

↓引き続きこちらもお願いします


いつも応援ありがとうございます。