FC2ブログ

電気バスの弱点は?

バンクーバーは、『Greenest City (世界一の緑の街)』を目指していて、たくさんの電気バスが走っています。カナダ市民も、リサイクルはもちろん電気や水を大切にしたり、エコバッグを利用したり、自然を大切にすることは、日常生活の一部のようです。

電気バスは、ブログでも何度か写真をアップしましたが、電線から電気を補充しながら入っているので、接続部分が外れると走れなくなります。

そして、もうひとつの弱点を発見!
雪になった昨日の夜(バス乗り場に着いた時はみぞれに変わっていました)、バス乗り場にいつもよりたくさんの人が待っていました。バスも何台も止まっています。何だろうと思いながらも、自分が乗車するバスが止まっていたので乗り込みました。前のバスの接続が外れたのかな、と思っていたら、バス会社の人からのお知らせがありました。

停電で、修理車が来るまでに1時間半かかるというのです。どんな遠いところから来るの?という感じですが、幸い私のバス停は、通常バスも止まるので待つ事にしました。

他のバスが通っていない所へ行く人は、係の人に別ルートを聞いたり、電車に戻る人、じっと我慢で待つ人などなど。。雪が降るほど寒かったので、電話で「こんな寒い中、1時間半も待たないといけないのよ~」と友人にあたっていた人もいました。

no_power_1.jpg

no_power.jpg

中国系のカップルが係の人に、別のルートを教えてもらっていましたが、よくわかっていない様子。私も質問されたので何度も説明してあげましたが、逆方向に行くバスなので、乗車後はどうなったのかわかりません。無事到着できたかな。。?


カナダ現地留学エージェント-語学☆資格取得☆インターンシップ
Be Plus!! Study in Canada

応援クリックありがとうございます!
blog_winter.png

↓こちらもよろしくお願いします!